2011年04月17日

髪の毛を生育させる基本

薄毛に関しては悩める人が多いので、

いろんな専門の会社があります。

美容サロンのようなところですね。

薄毛専門のヘアサロンは、なかなか人気が高いのです。

私の住んでいる町でも、薄毛解消の美容サロンは一等地にあります。

土地代を考えると、かなりのお客様がいないと、商売にはならないでしょう。

ニーズはかなりあるということなのです。

私は薄毛専門のヘアサロンがあるのはよいことだと思います。

無駄ではないでしょうから。

ikumou02.jpg


ただし、気になることが一点。

それは、どの美容サロンも、サロンの宣伝・広告のページをみるかぎり、

●マイクロスコープのようなもので頭皮を診断している写真

●女性施術者が頭皮マッサージをしている写真

●一見、科学的な機械で、頭皮にレーザーのような刺激を与えている写真


などが見受けられるのですね。

まったくの無駄ではないでしょうが、結論から言うと、

「外部からの刺激では、育毛効果は限定的」

なのです。

頭皮マッサージはたしかに気持ちがよいです。

薬草のようなものを頭皮につけて、30分もやさしくマッサージしてもらうと、非常に気持ちがいい。

自宅から歩いて3分のところにある理容室では、薬草をつけて30分頭皮マッサージをしてくれますが、30分500円という異例の安さです。

散髪した後のセットメニューなのですが。

通常は、30分3000円位しますね。

相場は。


さて、気持ちはいいのですが、頭皮マッサージは頭皮の血行をよくするものです。

ところが、漢方の大原則、

髪の毛は血液から生じる

という最高に重要な原則を考えたとき、

「もっと大事なことがあるんじゃないの・・・」

と言いたい。

大事なのは、髪の毛を育てるカギである血液に、「育毛パワー」があるか、ないかだと思います。

缶コーヒーやコーラを飲み、チョコレートやポテトチップスを食べた人の血液が毛細血管を通って頭皮の毛母細胞で、はたして髪の毛を成育させるパワーを持つのでしょうか?

育毛どころか、私は体験的に、確信をもっていいますが、


「肉の多食を長い間続けた血液が、頭皮マッサージで血液の循環がよくなり、毛母細胞において、髪の毛を細くしている働きをすることを想像してほしいのです。

これはもう、薄毛化の方向に一直線ですよ。

頭皮マッサージは無駄ではない。

けれども、その前提は、

「身体に取り入れた栄養素が、髪の毛にとって有益なものである場合」

においてなのです。

コラーゲン、のこぎりやし、スピルリナ、レシチン、ドクダミ、ウコン、大豆イソフラボン、カプサイシン、亜鉛、ビタミンE、核酸、アミノ酸、

などが大事なのです。

とくに、コラーゲンが一番すごいのは、薄毛回復の再現性が高いこと、そして「即効性」なのです。

分け目に自信!カイセイ堂飲む育毛剤『ミレットシリーズ』



身体にコラーゲンを取り入れると、62日間で髪は10%太くなるのです。

薄毛は、髪の毛がなくなるのではなく、「細くなってしまったから」です。

細くなった髪の毛を太くするには、コラーゲンがもっとも優れているのです。

コラーゲンを飲んでこそ、頭皮マッサージが意味を持ちます。
posted by korakora at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪の毛を増やす努力

2011年04月09日

コラーゲン効果の否定派と肯定派

コラーゲンが薄毛対策において、最初の一歩には一番よいのです。

これが私の持論。

もちろんノコギリヤシや亜鉛、そしてスピルリナやレシチン、ドクダミなども効果があります。

イワシ缶詰、ブロッコリー、ピーマン、納豆とキムチなども効果がある。

では、なぜ、コラーゲンでの育毛法が最初に大事なのか?

それは、

1.薄毛回復効果が出やすい


2.薄毛回復の即効性がある(通常2ヶ月、早いと3週間くらいで成果が感じられる)



という大きな2つのポイントがあるからです。

薄毛に気づいたときの衝撃!!

20121117234026.jpg


ある人は自分の後姿の写った写真で頭頂部がハゲているのに気づく。

ある人は友人から

「お前、あの、その、ヤバイんじゃない?」

などと額部分の髪の毛の後退を指摘されて観念します。

また、ある人は、美容院で

「あ、ここ、ハゲてますよ」

といわれて気を失ってから事実を知る。

いずれにせよ、「ハゲに気づいた日」の衝撃はあまりにも強烈です。

この心理的なピンチをなんとかしなくてはなりません。

私も昭和56年に、ハゲてきたことに気づいたときは大きな衝撃を受けたのです。


「やはり、ハゲ体質を、ご先祖様と同様、オレも受け継いでいたのか・・・・・・・」

心理的なショックが引き起こす吐き気がしました。

さいわい、私は漢方育毛法によりハゲからの生還をはたしました。

このとき、育毛剤などに頼っていたら大変なことになっていたはず。

育毛の効果が出ないと、すぐに「心が折られる」のです。

ハゲの恐怖、薄毛の恐怖と向かい合ったとき、このときにコラーゲン育毛によって「育毛効果」が感じられることで、希望が見えるのです。


「なるほど、ハゲや薄毛は治せないわけではない」


と実感することが大事なのです。



ikumou03.jpg

ところが、そんなに育毛には役立つコラーゲンなのにインターネットで検索すると、コラーゲン効果については肯定する人と、否定する人がいます。

コラーゲン無効説の情報だけ収集して、

「なるほど、コラーゲンを飲んでも、飲んだあと胃の中で分解されるので、結局は無駄なのか!!」

などと思う人が多いのです。

これはもったいないことです。

健康に関するものは、多くのものが肯定派と否定派がでてきます。

ちなみに、今日読んだ「ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く」という本は、ビタミンCが一時期は効果なしとされる時期が最近まであったと書いています。

004.JPG

また、牛乳についても、

「牛乳はそもそも牛の子どもが飲むものであり、人間が飲むのは非常に危険だ」

という説がかなり広がっているのです。

ネットで検索してみてください。

私が、ここで、主張したいのは、

牛乳にせよ、ビタミンCにせよ、コラーゲンにせよ、

「飲めばわかる」

という一言なのです。

牛乳が本当に健康に悪いのか?

日曜日の朝、パンとともに飲む牛乳の心地よさが私に、

「牛乳は身体によい」

と教えてくれます。

また、ビタミンCを大量に飲むのはカゼをひかない重要ポイントだとも体感しています。

コラーゲンについても、2ヶ月近く飲むことで髪の毛の強さ、太さ、ボリュームが違ってくるのが感じられたのです。

コラーゲンの効果について、ネットで検索していたら、このような記事が載っていました。

ヤフー知恵袋です。

ヤフー知恵袋は今年3月の京都大学入試における携帯電話でのカンニングで一段と有名になったのです。

その読者間の質問と回答の「ヤフー知恵袋」にコラーゲンをもらってうれしいとの話が出ていました。

この回答者はコラーゲン効果にびっくりしているのですね。

それまでは、高価な飲み物なので、自分のお金では躊躇していたのでしょうね。

ヤフー知恵袋

「ヤフー知恵袋:女性同士でもらってうれしいプレゼント・・・・・コラーゲン効果にびっくり」

飲めばわかる、というのはこのことです。

ちなみに、回答者は資生堂とファンケルのコラーゲンがよいといっています。

私はもちろん資生堂もファンケルも飲んでレベルを確認・体験しています。

悪かろうはずがないのですが、「どのコラーゲンがベストなのか?」ということについては、自分でいろいろと飲んで確認していくことです。

この飲み比べ作業が楽しいので、現代の日本には「コラーゲン・マニア」と呼ばれる人々が数多く存在するのです。

私の思うには、まずは「フラコラEX」と「回生堂ミレット・コラーゲン」を体験してから、自分で見つけたコラーゲンをコラーゲン効果について比較し、戦わせたらいいのです。

でも、なかなかこの2つにかなうコラーゲン商品はないと思いますよ。

とくに髪の毛を太くする効果について回生堂のミレット・コラーゲンが強いです。

分け目に自信!カイセイ堂飲む育毛剤『ミレットシリーズ』



平成23年現在、例外もありますが、ネットで有名なコラーゲンは良いコラーゲンが多かったのです。

スーパーやコンビニでも安価なコラーゲンが販売されていますが、薄毛対策の面では効果はあまり感じられませんでした。