2012年07月27日

薄毛対策にはクエン酸

クエン酸飲料のメダリストで、劇的に、髪が生えるかもしれません。


というのも、日本人は、育毛や発毛にとってよくないジュース類をよく飲むからです。



このジュース類を、


「クエン酸飲料のメダリストを飲む事で、他の飲み物を飲む機会が減る」



ということになれば、育毛に大きな貢献となるわけですよ。



ドラッグストアには、たいがいメダリストを置いていると思います。



お金も、そんなにかからない。



味もおいしい。



髪の毛を増やす効果がある。



これほどよい飲み物を飲まないのなら、これは、もう、育毛をあきらめるしかないです。



O脚を治す
育毛と発毛の悩みを解決
薄毛対策の秘訣
posted by korakora at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | クエン酸

2012年07月25日

美髪・美肌にコラーゲンがやはり効く韓国旅行

美髪と美肌にコラーゲンが効くのかな、韓国旅行。


韓国旅行に行って来ました。


2泊3日の韓国ツアーです。


妻と2人で。


006.JPG
(ツアーで移動に使うバスもスターの絵が描かれていて)


韓国は美容の国です。


見た目が非常に重要視される国とも言えるのです。






私が行ったのは首都ソウルなので、とくにイケメンと美女が集まっていたのかもしれませんが、それにしても、


「韓国は男も女も美形が多い」



という気はしました。



整形したのかもね。


街には整形の病院が目立っていました。



街中の男女を見て思ったのは、



「薄毛やハゲの人は、日本より少ない」


ということ。



アメリカやオーストラリアに旅行したときは、薄毛やハゲの人は多かった印象です。



アジア民族は比較的ハゲや薄毛は少ないのですね。


参考:「ふくろう医者の診察室」さまのホームページより、民族と髪の毛の太さ。
>>>http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy/folder/297165.html



さて、同じアジア人でありながら、なぜ、韓国のほうが日本人よりハゲや薄毛が少ないのか?


まあ、統計をとったわけではないので、単純な私の印象で「薄毛の人の割合が少ない」といっているだけですが・・・・。



その理由として、



まず第一に、


1.日本人は缶コーヒーやコーラを飲みすぎる


といういうことがあるのでしょう。




韓国ではあまりジュースの自動販売機は見かけませんでした。



それに比べ日本では・・・・・。



ジュースは砂糖水です。



コーラやサイダーも大量に砂糖が使われています。




砂糖の大量の摂取が薄毛原因、ハゲ原因となるのですから、私は、缶コーヒーの自動販売機は、日本人の薄毛人口を増やしていると思いますね。



それにしても、美と健康の害になるジュースの自動販売機は、問題が多いと感じます。


日本は。



あなたは、髪の毛によいものを飲みましょう。


育毛をしたいのならば、自動販売機では、せめて、水か茶を買うべきです。




第二に、コラーゲン摂取量の差。


韓国の市場ではブタがよく売られていました。


豚足などは、どこの市場でも見かけました。


豚足は、コラーゲンがたっぷりなのですよ。







私は日常生活では、あまり豚足は食べないので、コラーゲンドリンクでコラーゲンを補給しています。


髪のハリやコシに【回生堂ミレット】



歌手の浜崎あゆみが、以前テレビで、


「豚足が大好物なのです」


と言っていましたから、彼女は豚足でコラーゲンを摂取していたのでしょう。




大忙しの仕事の割には、浜崎あゆみさんの肌はキレイなのは、コラーゲンのせい?


韓国の人は、おそらくブタを食べることが日本人よりも、ずっと多いのではないでしょうか。



コラーゲン摂取量の差が見た目の髪の毛のボリューム、ツヤ、ハリの差ともなるのです。





第三にはキムチですね。


キムチは育毛によいといわれていますし、野菜なので、髪の毛のためにはよいはず。


韓国の人が毎日キムチを食べることは、広く知られていることですネ。






以上、



昨日(24年7月24日)まで韓国ツアーに参加してたので、思ったことを書いてみました。





5万円の2泊3日のツアーでしたが、とても充実していて「お得感」タップリでしたよ。
 



いいホテルで、料理も付いて2泊3日でツアー料金は5万円。

 


首都ソウルは、若い人が多く、ルックスもよい人が多かったです。



髪の毛と肌はホント、キレイです。


髪のハリやコシに【回生堂ミレット】
posted by korakora at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 美髪・美肌

2012年07月14日

細い髪の毛を太くするコラーゲン選び

細い髪の毛を、62日間で髪の毛を太くするための、コラーゲン選び。



コラーゲンが美容の世界では、もう、認知されてきたので、次から次へと新商品が生まれています。



私もコラーゲン・マニアの誇りをかけて(←なんのこっちゃ?)、新コラーゲン商品は見逃さずに購入していますが、追いつかないくらいですよ。




それにしても、なぜ、こんなにコラーゲンが支持されたのか?




「美容効果があったからだ」


ということなのです。




髪の毛を太くする効果であれ、美肌の効果であれ、コラーゲンを愛飲した人が「実感」したからなのです。




それは、楽天というネット上のショッピングモールの「レビュー」を見ればわかるよね。


985737_0.jpg
(キレイな髪が人を魅了する)


人気の高いコラーゲンは、体験者がたとえば「髪の毛を太くする効果がスゴイ!!」とレビューするので、ますます人気が高まっています。



私もコラーゲンの消費者の一人なので、コラーゲンを購入選択するときの気持ちはよくわかります。





美容・健康の商品を買うときは、慎重になるものですよね。




「高いお金を出して、効果がなかったら損だよなぁ〜」


と心配に思うわけです。



育毛の場合にも、効果のない育毛商品というのは、たくさんあるのが現状です。





では、そういう効果のない育毛商品を見分ける方法はあるのか?



あります。




一番確かなのは


「リピートされているものはよい」


という判断基準です。




消費者は、慎重です。



だまされたくない。



その気持ちが強いだけに、髪の毛のボリュームアップ効果のないものには二度と手を出さない。




ikumou08.jpg




たとえば、育毛関係で言えば、昔、爆発的に話題を呼んだ中国の「101」という育毛剤があるわけです。




平成24年7月14日現在、日本で、この「101」という中国の育毛剤を使っている人がいるのでしょうか?




もう、話題にすら上りません。



発毛効果がなかったからです。



消費者は賢いです。



薄毛対策効果がないと、かなり冷酷にリピート購入を拒否します。




「フン!!もう、だまされないぞ・・・・・」


厳しいです。



私もそうしてきました。





薄毛対策効果があるから続ける。


薄毛対策効果がなければ見切りをつける。




そんな「損をしたくない」気持ちの強い美容・健康商品の世界で、


なぜ、コラーゲンが今のように、人気が高まる一方なのか?



それは、「効果があったから」



としか言いようがないわけです。



さすがに、



「コラーゲンを飲んでも、体内で分解されるから飲んでもムダだ」


とうような意見は少なくなって、


「コラーゲンを飲むと、いったんは分解されるが、やはり美容効果がでる」


という意見が主流になってきましたね。


まあ、私は数年前から言っているように、



「良質のコラーゲンを2ヶ月飲めばわかる」


髪のハリやコシに【回生堂ミレット】



のです。



もちろん、コラーゲンを2ヶ月飲む事で髪の毛が太くボリュームアップするというのは、私だけの体験ではなく、アメリカの調査機関の調査結果でもあるし、日本の企業の調査でも、髪の毛が太くあったことは報告されているのですね。



追伸:

今日2012年7月14日は3連休の初日です。

001.JPG


愛飲しているカイセイコラーゲンのほかにも、コラーゲントップ(真ん中のビン)というコラーゲンドリンクと野菜ジュースエキス(右端のビン)を近所のドラッグストアで買って飲みました。


色々試して、少しでもよいコラーゲンを探し続けることです。


それは育毛のコツでもあります。
posted by korakora at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 細い髪の毛を太く太く