2012年12月14日

育毛コラーゲンと相乗効果で髪の毛を即効で太くせよ

育毛コラーゲンには、相性の良い成分というのがあり、同時に摂取することで、早く、大きく、太髪効果が出ます。


薄毛対策の相乗効果を狙える成分もいろいろなあるわけですが、コラーゲンドリンクやサプリメントなどには一緒に含まれていることが多いのです。



それでは、実際にどのような成分があるのでしょうか。



細い髪の毛を太くする相乗効果があるのは、ビタミンC、エラスチン、オルニチン、コエンザイムQ10、セラミド、ヒアルロン酸、グルコサミン、大豆イソフラボンが挙げられます


特に大豆イソフラボンは薄毛を招く原因物質を押さえつけるので、大事な成分となります。



コエンザイムは肌を美しくする効果が期待できるのです。


大豆イソフラボンのように髪に良い影響を与えるとされている成分も重要です。



コラーゲンにはヘアケアや美肌のみならず、病気などを未然に防ぐ効果が期待できるため、美容だけでなく健康管理にも役立ってくれるのです。



それから、コラーゲンに限ったことではないのですが、同時摂取する各成分も食べ物の中に含まれています。


毎日の食事の中に上手く取り入れていくことで、髪の毛を太くするためには、効果的にコラーゲン摂取していくことです。


なお、食事から摂取することが難しいという人は、コラーゲンをドリンクやサプリメントなどから摂ると、手軽かつ効率が良くなるのです。
タグ:相乗効果
posted by korakora at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 相乗効果

2012年12月12日

育毛によいコラーゲン・ドリンクの飲み方

育毛に良いコラーゲンで最大限に育毛効果を得るために。


どうせコラーゲンを補給するなら、効果的に摂って、髪の毛をより太く、大きくしたいものです。



そのためには、普段の暮らしに目を向けることが大切です。



まず、育毛のコラーゲンは毎日減り続け、ぜひ、62日間は飲み続けてほしいのです。



たまに何日間だけ飲めば髪が生えるというようなものではありません。


1日あたり5gを目安として摂り続けていくことが髪の毛を太くするには大事なのです。



それから、タンパク質をしっかり摂ることも欠かせません。



タンパク質を必要量摂り続けていくことにより、コラーゲンの吸収の助けになるのです。



また、外出時には紫外線を浴びないように、UV対策をすることが大切です。



UV対策をしなければ、コラーゲンが失われるという事態を招いてしまいます。



それから、乾燥にも気を付ける必要があります。



乾燥しやすい寒い時期だけでなく、オールシーズン保湿ケアに努めましょう。



そして、睡眠にも気を配らなくてはいけません。


眠りに就く前にコラーゲンを摂るのが好ましいとコラ−ゲンのフアンの人は言いますね。



科学的な根拠はないと思うのですが、私自身も、夜飲むと、朝には肌のツヤだあるということは体験済み。


ですから、私は夜飲んで、肌の生まれ変わる22〜2時のあいだは睡眠をとるようにしています。


毎日は難しいですが、遅くとも11時には寝ています。


まあ、常識で考えてみてくださいよ。



睡眠を十分にとって、良質のコラーゲンを飲むと、髪も肌も元気にならざるを得ないのです。
posted by korakora at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 摂取方法