2013年07月27日

コラーゲン育毛法が公認されたのだ

コラーゲンで髪の毛を太くする方法が雑誌で特集されたのですね。



コラーゲン育毛法がメジャーな育毛法になりつつあります。



健康雑誌の「健康」 2013年4月号では、育毛がテーマです。


1120130309181108.jpg
(「健康」2013年4月号)



そのなかで、8ページにわたり、コラーゲン育毛が取り上げられています。




この記事をきっかけに、多くの人が細い髪の毛を太くして、




髪ボリュームアップできる人が多勢でてくることでしょう。




無名の私がコラーゲン育毛法、コラーゲンで髪の毛を太くする方法を、いくらブログで叫んでも、



限られたラッキーな人が、たまたま、このブログにたどりつかない限り、この素晴らしい「髪の毛を短期で太くする方法」は伝えられなかった。



「よかった。多くの人にコラーゲン育毛が知れ渡るだろう」




と喜んでいますよ。




では、この健康雑誌で取り上げられた「コラーゲン育毛法」を解説してまいりましょう。



まず、表紙には、


「コラーゲンが抜け毛を止め、美髪に。簡単手作りコラーゲンスープ」



とあります。


32ページには、




「髪を太く、強くする効果がある”コラーゲン”を効率よく補える韓方スープ。」



という見出しで、



韓国文化ジャーナリストがコラーゲンスープの作り方を写真入で解説しています。



このコラーゲンスープの効果としては、



1.抜け毛が止まり、髪が太くなる



2.滋養たっぷり、ツメもつややか


3.体がぽかぽか、血行もよくなる



ということです。




まあ、コラーゲンを飲んでいる人には「あたりまえ」のことですが・・・・・・。



Fotolia_48811247_XS.jpg




この記事の中でも、


「コラーゲンを毎日2ヶ月とり続けたら、髪の毛が約10%太くなった」



という話が紹介されています。(32ページ)



では、具体的に、どのような育毛コラーゲンスープなのでしょうか?


材料は、


毛羽先

じゃがいも

にんにく

しょうが

クコの実

となっています。





このスープなら、コラーゲンとビタミンCが同時に摂取できます。




コラーゲンの育毛効果をグーンとアップさせるには、ビタミンCの同時摂取がいいのです。





雑誌で8ページにもわたって、コラーゲンの髪の毛を太くするノウハウが記載されていますので、




次回、このブログを書くときに、もう少し、掘り下げて解説します。




覚えておきたいのは、



「1000の情報の収集よりも、1つの具体策の実行」



のほうが、髪の毛を太く、髪をボリュームアップさせるということです。


髪のハリやコシに【回生堂ミレット】




雑誌に書かれている育毛情報を読むことよりも、コラーゲンを一口、体内に取り入れたほうが、髪の毛にはよいことなのです。
posted by korakora at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 公認された

2013年07月26日

育毛コラーゲンに髪が若返る力がある

育毛コラーゲンで髪が若返るのですね



私は髪の毛の育毛・発毛に関心があり、いろいろなアンチエイジングの本を参考にしています。



今日は、この本からコラーゲン情報を紹介します。



001.JPG

「若返る力」

千田要一 著

栄光出版 発行

平成25年1月25日 第一刷

価格1400円。



結局のところ、髪の毛も身体の一部なので、


「若返る」ということは、


髪の毛も若返るということなので、


「身体が若返ると、髪の毛も若返って、太く、しなやかになる。」



ということなのです。


さて、


若返りに役立つ栄養素の中でも、



コラーゲン


プラセンタ


ビタミンE


は、アンチエイジング効果が大きいと感じています。



お金がかかっても、この3つの栄養素ははずせないでしょう。




若返りに関する本を読むと、ほとんどの場合コラーゲンについて書かれています。



今回は、千田要一 著の「若返る力」から、コラーゲンに関する部分と、育毛と発毛に関する部分を抽出していきます。



平成25年1月25日発行の本なので、新しい内容です。



まず、


コラーゲンに関する部分から。


私の関心の強いテーマである「コラーゲン効果」について書かれています。


引用します。



biyou01_m.gif




引用ここから〜



まず、美肌を目差すなら、



お肌の重要な構成要素「コラーゲン」を十分摂取することが大切です。


最近では美容液が進化してきてコラーゲンを多量に含む商品が流通していますが、



コラーゲンは肌からは吸収されないので、経口摂取しなければなりません。



コラーゲンを多く含む代表的な食品が、鶏肉です。


特に、鶏肉の皮、毛羽先、軟骨にはたくさんのコラーゲンが含まれています。


また、豚足、フカヒレ、ウナギ、ナマコ、煮魚をしたときの煮こごり、などがあげられますので、日頃から意識して摂取するとよいでしょう。


さらにコラーゲンは、ビタミンCと一緒に摂取すると美肌に効果的です。


なぜなら、

コラーゲンは経口摂取しても消化器からそのまま吸収されるわけではなく、一度消化されてアミノ酸に分解され、その後再び合成されて皮膚に取り込まれます。


このコラーゲンの再合成にあたって、ビタミンCが必要になるわけです。


また、お肌は夜寝ている時に作られます。


したがって、これらの食品は夕食時に摂るのがポイントです。



引用ここまで。


引用に当たっては、重要な部分を大文字にしました。


さて、コラーゲン効果についての最新の考えが明確に記載されています。


ほんのこの前までは、


「コラーゲンを飲んでもアミノ酸に分解されるからムダ。育毛効果も美肌効果もないのだよ!!」



という、コラーゲンを体験していない人からの自慢げな説明がネット上にあふれていました。



1.コラーゲンに効果なし「ヤフー知恵袋の回答より」
>>>http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1247783522


2.コラーゲンを飲んでも優位なメリットなし「教えて!goo]より。
>>>http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3560530.html


おそからく良質のコラーゲンドリンクを一定期間以上を飲んだことのない人が、どこかで仕入れた情報を書いているのでは?


体験ではなくて。



一時期、コラーゲン無効説は非常に広まったからね。



私も、昔から「アミノ酸分解説」は知っていましたよ。



でも、飲むと明らかに効果があるので、


「無効説はおかしい」


と直感的にも思うのですよ。



髪の毛の太さ、肌のつや、唇のピンクつやつや、


などの大きな変化によって。



また、


コラーゲンを62日間飲むと、髪が太くなる

ことは有名な話。



日本の企業でも実験して、髪が太くなることを報告しています。



それは、さておき、


千田氏の今回の説明どおり、



「その後再び合成されて皮膚に取り込まれます」



というのが、平成25年の、今の見解となってきました。



そして、これが、コラーゲンを飲む体験をした人の「実感」というものだと思います。


あなたが、もし、30代、40代の女性なら「美ST]という雑誌を読んだことがあるかもしれません。


「美魔女」


という言葉を生んだ雑誌ということです。


002.JPG


妻が読んでいるのを私も始めて読みましたが、「美ST」の記事や、雑誌の読者の体験談を見ても、コラーゲンを飲むことは美容の常識のようです。



2013年4月号では、


「コラーゲンドリンク大実験会」

という企画も行っており、11種類のコラーゲン・ドリンクの効果の比較をしていますが、



この雑誌において、コラーゲンを飲むことが読者の間では「常識」となっていることが感じられました。



美容に関心の強い人は、


「美容に何がよいか?」


には敏感です。


そういう人たちが、なぜ、長い間ずっとコラーゲンを飲んでいるのかを考えると、


コラーゲン無効説は、おかしいのです。



さて、


この「若返る力」という本には育毛、発毛、薄毛対策のことも書いています。


詳しくは別のブログに書くので、重複してはいけないので、ここでは書きませんが、



薄毛や脱毛には、ストレスが大きく関与しているので、ストレス対策をしないといけないことを強調しています。


肌、髪の毛はストレスによって大きなダメージがあるのです。


これも、体験で「実感」としてわかることです。


カイセイ・ミレットでは、「ミレットベジタ」が私の一押しですが、


ストレス緩和の効果のある「ミレット・アルファ」も髪の毛の健康には活用したいですね。



分け目に自信!カイセイ堂飲む育毛剤『ミレットシリーズ』



継続してコラーゲンを飲むことが、髪の毛を太くしなやかにして、見た目のアンチエイジングに役立ちます。
タグ:若返る力

2013年07月23日

コラーゲン効果なしとする説がある

コラーゲンに効果なしとする説があります。


コラーゲンの育毛効果というわけではなく、コラーゲンを口から取り入れること、そのものに疑問もあるようですね。


コラーゲンを口から取り入れることの効果、その点の素朴な疑問が、読者参加のネットサイト「ヤフー知恵袋」でも話題になっていますね。


見てみましょう。

   ↓


「ヤフー知恵袋;スッポンコラーゲンとコラーゲン無効説について」


回答者たちはは「効果あり」とする見解ですが、私も「効果あり」と判定します。


自分で試してみて、効果があれば信じるしかない。

3055455_0.jpg


また、効果がなければ、誰もお金を出してリピートはしないのですね。


さて、健康や美容に関するノウハウやサプリメントについては、いろんな説があってわかりにくいです。


だから「試す」ことが重要です。



*参考:「薄毛・抜け毛を治す秘訣は「お試し」にあるレポート」



育毛についても「試す」ことなくして、成功は難しい。


話題のプロペシアでも、


「プロペシアなんぞ効果はない。もし、プロペシアでハゲが治るなら、ハゲ芸能人のAのハゲが治るはず」


などという人がいます。


また、


「薄毛を治すには一日に水を2リットル飲んで、デトックスをすることが極めて重要だ」


という育毛情報作成者もいますし、反対に、


「いやいや、水を飲みすぎると、体内に水分が多くなって「水毒(すいどく)」という状態になって髪の毛にとっては危険な状態になる。」


という人もいます。


美容・健康の世界は、その体験者の体質も関与しますので、


「これだけが正しい」


とは言えないのです。




私の髪の毛がハゲ遺伝子にもかかわらず、平均的なボリュームを確保できているのは、いろいろ試して、育毛効果のあるものは、すぐに採用したからだと思うのです。


薄毛対策の方法は、平成23年のいま、かなり確立されています。




「どうすれば髪の毛が甦るのか」ということは、かなりハッキリわかっています。


そして、その方法は、それほど多くない。



「髪の毛を生育させる効果あり」と世間で認められている食べ物や栄養素なども、それほど多くないのです。


だったら、薄毛回復の可能性のあるものは、少しでも多く採用するという気持ちが大事でしょうね。


髪を生やすよりも、はるかに容易な「髪を太くする」ことを試したらよいです。


「分け目やM字ラインに不安」をお持ちなら、

ケラチンの合成を助ける『ミレットエキス』と、

ハリ・コシを保つ『コラーゲン』をギュギュっと凝縮したドリンクがオススメ!




ハゲの人も、実際は細い毛が存在しているので、髪の毛が太くなると見た目が全然違ってきます。



(追伸)

私の考え。

・プロペシアは育毛効果があると思います。


・水を飲む健康法は、「良くない」と思います。水毒の害のほうを重視します。


・コラーゲンを口から取り入れることで体内のコラーゲンが増えると思います。今の日本にコラーゲン・マニアが多いのは効果を「実感」するからだと思います。


トップページに戻る
タグ:コラーゲン
posted by korakora at 21:16| Comment(0) | TrackBack(1) | コラーゲン無効説

2013年07月20日

髪が太くなるのは、やはりコラーゲン効果だった

細い髪が太くなったという自分のコラーゲン摂取の経験から、このブログで、



「細い髪を太くするには、良質のコラーゲンを62日間飲むとよい」


ということを今日(平成23年10月10日)まで言い続けてきました。



それは、一つには


「薄毛に悩む人が、即効でコラーゲンで髪を太くし、心理的なショックから立ち直ってほしい」


という思いがあるからです。




薄毛、ハゲは髪が抜け落ちたというよりは、むしろ髪が細く、弱弱しくなった状態なので、髪の毛の太さが10%増えると、見た目のボリュームが全く違うからね。





そして、もう一つの理由としては、ネットで数多くの人に語られている「コラーゲン無効説」に対する疑問です。



すなはち、


コラーゲンを摂取しても効果はない。なぜなら、コラーゲンは摂取しても体内で分解されてしまうからだ」


という説に対してですよ。





実際に良質なコラーゲンを飲んでいる者としては、


「そんなはずはないよ。飲んでみればわかるよ」


という気持ちが強かったのです。




ですから、このブログを書きつつ、コラーゲンの髪の毛を太くする効果や、美容効果について調べていたのです。




ところが、先日、平成23年9月現在でのコラーゲン効果について詳しく、かつ、カンタンに、また読み物としても面白く書かれた書籍が発刊されたのですね。


それが、


「コラーゲン完全バイブル」

城西大学教授 真野 博 著

幻冬舎 2011年9月11日発行  1200円



なのです。


011.JPG


この本のことは、このブログでもこれから解説していこうと思いますが、一言で言うと、



「コラーゲンには髪の毛を太くする効果、髪にコシが出る効果がある」


ということなのです。


やっぱりな・・・・・。



コラーゲン無効説を主張してきた人は、この本を読んでどう思うのかなぁ・・・・・・?



ネット上で、


「コラーゲンドリンクなどを買う人はムダ金を使っているのですよ!。教えてあげましょうか?、コラーゲンは体内では分解されるので、髪の毛を太くしたり、肌をプルプルにする効果はないのですよ!! エッヘン!!」


と得意げに、鼻をふくらましつつ(←見たわけじゃないけど)、解説していたことは間違いだったのです。



こういう記事をみるたびに、


「じゃあ、カイセイコラーゲンとか、フラコラとか、あるいは明治のアミノコラーゲンなど、一流のコラーゲン商品を試しに飲んでみろよ、それから話をしてほしい」


とこのブログで書いてきたことは、過去の記事を見ていただくとわかるはず。


美容成分ぎっしり♪高純度コラーゲン38,000mg!

・回生堂製薬・コラーゲン専門店【カイセイコラーゲン】






とはいえ、コラーゲン無効説を唱えた人にも、「無理はない」部分があるのです。



5525885_0.jpg



2001年ころからのコラーゲン人気にもかかわらず、科学的には、コラーゲンにはわからない部分が多かったのですね。



「コラーゲンの育毛効果や美容効果が、科学的に詳しくわかってきたのは2009年ころからだ」

と、この本にも書いていました。



それまでは、


「コラーゲンは髪の毛を太くし、肌をぷるぷるにする」


というクチコミ、体験談は多くあるものの、科学的に公表できるレベルまでコラーゲン効果が解明できていなかったのです。



ネットでコラーゲン無効説を唱えている記事を読むと、やはり2009年以前の投稿記事が多いのですね。


やむを得ない部分もあったのです。




それを認めつつも、


体験せずに、


「コラーゲンは分解されるので効果はない」


と言っていた人には問題があるのです。



じっさいの自分の体験をもとに、


「自分はこれくらいの期間、こういうコラーゲン商品を飲んだけれども、こういう効果は見られなかった」


というように、自分の体験を記事にするのはいいのです。



美容健康は個人差がありますから。




ところが、体験せずに聞きかじりの意見で、


「コラーゲンの効果はない」


とネット上で情報を発信してきた人は、もしかしたら、


コラーゲンで即効で髪の毛を10%太くするチャンス


を誰かから奪ったかもしれないのです。


そのことで、コラーゲンを飲むのではなく、育毛剤を塗ることを選択した結果、育毛成果が出ずに「心を折られた」人がいるかもしれないのです。
posted by korakora at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪が太くなる理由2

2013年07月12日

コラーゲンの太髪効果をサポートする成分たち

コラーゲンで髪を太くするためには吸収をよくしたいですね。



一緒に摂取したらよいといわれている栄養素をいくつか紹介します。



まずは、ビタミンCです。



ビタミンCは、コラーゲンの吸収をよくするためでなく、体内における合成を促す働きがあるので、積極的に摂りいれるようにしましょう。




コラーゲンとビタミンCの関係は非常に有名なので、「真実」と思っていいでしょう。





私は、ビタミンCは、商品についてこだわりはないですが、DHCのビタミンCがコンビニで販売されているので、自宅の在庫が少なくなったら、すぐ買っています。





びたみんCは、風邪の予防など、健康に良い効果が得られるほか、シミやくすみを防ぎ、透明感のある美肌つくりの助けにもなるすぐれものです。





ミカンやイチゴなどのフルーツや、





小松菜やホウレンソウなどの野菜に多く含まれます。





ビタミンB群も、肌の新陳代謝を促進する効果があるので、コラーゲンと一緒に摂ることで、より太髪効果と、美肌効果が期待できます。





ビタミンB群は、ウナギや納豆、青魚などに多く含まれます。





アンチエイジング作用のあるビタミンEや、コエンザイムQ10も、コラーゲンと親和性のある有効な栄養素です。





ビタミンEはアーモンド、コエンザイムQ10は青魚などに多く含まれます。





これら紹介した食品は、良質なタンパク質を含むものも多く、それ自身がコラーゲンの原料になります。


コラーゲンはとればとるほどよいというものではないのですが、今の日本の社会ではコラーゲンの取りすぎるような状態にはなかなかならないのが現実。




常時、不足気味のはず。





コラーゲンドリンクの価格は、含有するコラーゲン量に比例すると思っていいでしょう。



細い髪を太い髪にするために、そして美肌のためには、



規則正しい食事を摂ることを第一に考えつつも、



食事では足りない分が発生するので、ドリンクで補う、というようにしたら、結果としてドリンクの効果を最大限に生かせますね。



購入はこちら




追伸でーす。


さて、ここまで読んでいただいたあなたのために、幸運予告をしましょう。



それは、いまのあなたの「髪の悩みが将来の幸福につながる」ということ。




というのは、


今日話したように、育毛のためにはコラーゲンやビタミンCや、ビタミンEなどを摂取すべきです。



「こんなにも、いろいろとできないぜよ!!」


と、坂本竜馬のように土佐弁で言いたくなるかもね。



お金もかかりますしね。



ところが、



育毛にためにコラーゲンやスピルリナやビタミンEやプラセンタなどなど。



こういう栄養素を摂取していたらどうなるのか?



髪の毛はもちろん太く丈夫になって、肌もハリがでて、唇はつやつや、という状況になってくるのです。


すなはち、肌や髪が健康だということは、きっと内臓も同様の元気良さ。




30代以降、アンチエイジングや健康がとくに気になる時期に、同年代よりもはるかに元気でいられるわけですよ。



これは、育毛に対して努力した副産物だといえるのです。
posted by korakora at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪が太くなる理由2