2013年11月30日

コラーゲンで髪の毛が太くなる理由その4「血管」

コラーゲンで髪がなぜ太くなるのか?


しかもごく短期で。


コラーゲン効果は、いつも、期待以上なので、長く飲んでいますが、私はその理由を解明したいのです。


そこで、健康に関する書籍はよく読むのですが、なぜ、コラーゲンが髪の毛に大きな効果があるのかが、最近購入した本を読んでわかる気がしました。


今日は、あなたとこの本でコラーゲン育毛のすごさを、再認識してみたいと思います。


近所の人気書籍ランキングに入っている本です。


IMGP1049.JPG
(写真は回生堂メンズミレットと、「血管が若がえれば健康寿命はのびる」(幻冬社 2013年初版)



コラーゲン育毛法を実行している人は、よかったら手に入れておくとよいと思いますね。





今、話題の飲む育毛コラーゲン。回生堂メンズミレット




この本を読むと、「なぜ、コラーゲンで髪が太くなるのか」が理論的にわかりますよ!!!



では、この本の中で私が感銘した部分を見ていきましょう。



すなはち、なぜ、コラーゲンを飲むとみるみる髪が太くなるかということ。



まずは、育毛についての記述を一部引用してみましょう。



漢方の育毛法とも相通ずる部分です。




このことをしっかり理解できたら、育毛の成功は近いのです。



ここ、すごく大事です。


引用は、著者が患者さんにコラーゲンを飲ませたら、髪が生えたことについての解説部分です。


引用。ここから。〜

毛髪は土壌に植えられている作物のようなものです。


成長するための栄養は、毛根の根である「毛根」から得ています。


この土壌にあたるのが真皮です。


真皮は70%がコラーゲンですから、血管と同じように老化コラーゲンによって劣化していきます。


つまり、土壌が痩せ細ってしまうのです。


この患者さんはコラーゲンを摂取することで毛髪の土壌が蘇り、更には皮膚下を走る血管も元気になったため、十分な栄養が供給されて、すくすく成長できるようになったのだと考えられます。



老化コラーゲンに注目すれば、老化による薄毛も、血管とまったく同じ構図で説明することができるのです。



(166ページより)引用ここまで。



この本でわかったことは、やはりコラーゲンは血管を丈夫にし、若返らせます。



血管の健康は身体のすみずみまで潤滑に血液を送ることができる。



そして新たに生成されたコラーゲンが毛母細胞を活発化させるのです。


そして、著者は、コラーゲンが身体の免疫力を高めることから、美容と健康面にも良いのではないかと研究しているようですね。



まあ、そういう研究は専門家に任せて、



私たちは実際にコラーゲンを飲むことで、髪の毛を太く維持していくことを考えればよいのです。




「具体的な育毛実践に、具体的な成果がおとずれる」


からです。
タグ:血管
posted by korakora at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 血管若返り

2013年11月12日

コラーゲンで髪の毛を老化予防するアンチエイジング効果

板東英二さんが植毛をしていたと、今朝のテレビで告白していました。

もともとは脱税疑惑のテレビ会見なのですが、


「ヅラ、かつらは経費になるので、植毛も経費になると考えておりました」


とのこと。







まあ、植毛が経費になるかどうかは私にとっては、どうでもいいのですが、


アンチエイジングの気持ちには関心があります。


73歳になっても「見た目」は気になるのでしょうね。



いつまでも若々しい外見でいたいというのは、人間として素直な気持ちだと思うのです。


70歳を過ぎても、鏡を見たときに、ハゲていたなら、いやな気分なのでしょう。


鏡を見たときに、鏡の中の自分に、「いいね!!」 と言えることは大事なことです。

Fotolia_31744077_XS.jpg



人間でが生きていくうえで一番大事なのは「自己重要感」なのですから。


私の母方の親類は薄毛体質の家系なので、親類が集まった時などに、

私も親族一同の頭髪状態を見てみます。

私のアドバイスを聞いて、漢方の育毛法を取り入れた親族は、男女とも、「平均的な髪の毛のボリューム」を維持しています。

残念ながら、私がアドバイスをしてやれずに、遺伝子の命ずるままに年齢を重ねた人は、

男女とも、かなりの薄毛化をしています。



私の母方の親類の持つ薄毛遺伝子は、かなり強力なのだと感じさせられますよ。

・・・・話が脱線しました。


板東英二さんの植毛からわかったことは、


1. 70歳を過ぎてもハゲたくない気持ちなのだ


2. 植毛は非常にお金がかかる


ということです。

コラーゲンを摂取することを含めた「漢方の育毛法」に、私は毎月2万円〜3万円お金を支払っています。


それでも、植毛をするのに比べると、はるかに安価で安全で、

しかも見た目にも、全体的に若々しくなりますからね。

漢方の育毛法がいいですね。
参考ブログ:猪毛ブラシでうぶ毛を生やし、コラーゲンとスピルリナで太く育てる

さて、私はアンチエイジングに関心があるので、「人生の達人」という 雑誌を見ていたら、コラーゲンについての記事が載っていました。

IMGP1040.JPG
(人生の達人 第4号 歴史人 2013年10月増刊  KKベストセラーズ)


「アンチエイジング7つの謎」

という特集です。


斎藤糧三医師が、アンチエイjングの謎を解明するのです。


そのなかで、6番目の謎としてコラーゲンのことが出ています。

参考になるので、引用しましょう。


ここより引用〜


Q6 「コラーゲンを摂取すると、肌がプルプルになるか?」



A6 なる!



コラーゲンを経口摂取しても「胃酸で壊されてしまうので意味がない」という人がいますが、


それは時代遅れの考えです。


消化吸収のプロセスで体がコラーゲンの破片を認識すると、

「コラーゲンが壊れている?」と勘違いし、


コラーゲンの合成を活性化させます。


肌も,血管も、歯茎もコラーゲンが豊富な器官です。


老化予防のために補給をお勧めします。

(〜引用ここまで。)


やはりコラーゲンは美容効果があるのです。

まだ、飲んでいない人はすぐにスタートすることです。

回生堂メンズミレット







だから大勢の人に支持されているのです。


紅茶キノコ

にがり

朝バナナダイエット

などなど、美容健康によいと騒がれても、効果がなくて、美容健康オタクをも含めた多くの人の支持を得られないなら、


忘れ去られていったではないですか!!



コラーゲンが登場して、かれこれ、もう年月が過ぎますが、ますます人気過熱状態ですよ。


これは、「コラーゲン効果なし」という話が本当なら起こりえないことなのです。


でも、それも、どうでもいい。


大事なのは、コラーゲンに髪の毛が太くなる、それも62日間で10%太くなるという、


驚異的な育毛成果のあるものを、飲まないでいたらもったいないということ。


10%髪の毛が太くなると、見た目のボリュームが違うんですよ。
posted by korakora at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コラーゲン効果あり