2014年08月26日

誰が言ったのか「コラーゲンで髪の毛が62日で10%太くなる」と。

誰が言ったのか?

「コラーゲンを62日飲むと髪が10%太くなる」と。



コラーゲン育毛が人気が高いのは、62日間というごく短期で、成果が目に見えるから。

だれだって、「2年待ってくれ、そうすれば髪が生えているかも・・・」などということには耐えられない。

人間は、何らかの進歩、成果が見えないとやる気がなくなるんですね。

04.jpg

なかなか2年、3年も待てない。

「いや、1年でも待てない」

と言う人もいるはず。



いろいろな成果を出す方法が育毛漢方療法にはあります。

その中で、「即効性」が高いコラーゲン育毛を一番にすすめたいのは、

短期間で成果を感じられると、育毛モチベーションが継続できるからです。

コラーゲンで髪が太くなる即効性の調査結果は有名です。

すなはち、

「62日間、コラーゲンを飲んだら、髪が10%太くなった」

というこの話。


話の出所は一体どこなのか?

医学博士の西田博先生の著書に答えが出ていました。

要約すると、

報告者
アメリカのニュージャージー州にあるトーマス・J・リプトン社 食品栄養研究部

被験者
21歳から58歳の人々 52名

実験内容
1日14グラムのコラーゲンを62日間服用させる

実験結果
被験者の頭髪の直径が約10%太くなった。

特徴
頭髪の細い人ほど太くなる率が高い


以上、コラーゲン育毛の「髪が62日で10%太くなる」の話の出どころでした。

トーマス・J・リプトン社を調べましたが、日本でも紅茶で有名な、あの「リプトン」なんですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101879453

この記事へのトラックバック