2014年08月25日

秋の抜け毛対策コラーゲン

抜け毛の時期「秋」が近づいてきました。

秋の抜け毛の対策が遅れて、10月に後悔しないようにしてください。


今日は平成26年8月25日です。

夜になり、外ではもう、秋の虫が鳴いています。

おそらく、来月の今ごろには、秋の抜け毛に恐怖している人がいることでしょう。


鏡_女性.png


4月〜8月は一年中でも髪の毛が多い時期。

一方、

9月〜11月は髪の毛が少ない時期。

髪の毛が多い時期から、少ない時期に一気に変化するから、衝撃は大きい。

今のうちに、秋の抜け毛に対する対策をとっておきましょう。

・・・・・と、書きましたが、

100人中97人くらいは、先ほどの「対策をとっておきましょう」

という言葉を「聞き流す」はず。

私には、もう、わかっているのです。

それでも、100人中3人か、4人は対策を講じるでしょう。

そして秋の抜け毛の恐怖を緩和できる。

100人中3人だけでもハゲの恐怖を味わうことがないなら、それでいい。

そう思って、私は書いています。



ところで、

「人は、なぜ、逃げ遅れるのか?」

ということを考えたことがありますか?

今年、平成26年の8月は、本当に台風などの災害がひどかったですね。

いろいろな災害がありますが、人間の多くは

逃げ遅れる

のです。

その理由は、こういう心理が働くからです。

⇒ 参考サイト「逃げ遅れの心理学」様のホームページ


地震の場合には、やむを得ない場合もありますが、

台風の場合は、

「もうすぐこの地域に来る」ということがわかっているのに、

逃げ遅れることが多い。

上記の「逃げ遅れの心理学」様のホームページに書いているような心理が働くからね。


これは、秋の抜け毛においても同じなのです。(←強引に話を抜け毛に持ってくる)


秋の抜け毛が始まるとわかっていても、対策を講じない。

そして、10月になって美容院や理容室に行って、イスに座り、自分の前にある大きな鏡に映った自分の姿を見て、

「いかん。かなり薄毛化が進んでいるぞ・・・」

と焦ってしまう。

秋に薄毛化が進み、春になっても十分に回復しないので、

年々薄くなっていくわけだ。

「髪の毛が薄く、細く、抜けていく時期が来る前に、育毛コラーゲンを飲んで備えましょう」

と声を大にして叫んでも、聞き流す人が100人中97人。

だから、育毛に成功する人は少ないのです。

「髪の毛を太くするコラーゲンを飲みましょう。」

「育毛のためには7時間は眠りましょう」

髪の毛を増やすには野菜成分を平均的な日本人の2倍の量を摂りましょう」


何度となく叫んでも、聞き流す。


あなたも、もしかしたら、私が何度も言っている

「平均的な日本人の2倍の量の野菜」

や、

育毛コラーゲンさえも、摂っていないのでは?

10月に自分の頭髪を見たときにショックを受けたくないのなら、すぐに対策をすべきなのです。

飲む育毛剤カイセイ堂『ミレットシリーズ』


男性はメンズ・ミレット。

女性はミレット・アルファ、または、ミレット・リッチ。
posted by korakora at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋の抜け毛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102753365

この記事へのトラックバック