2014年06月06日

薄毛対策に不思議コラーゲン 2

薄毛対策としてのコラーゲンの効果を書きつくした感もあるのが、


「不思議コラーゲン」 著者:医学博士 西田 博   発行:リヨン社

なのです。


今回は、この本の育毛、薄毛対策の部分に的をしぼってレビューをしていきたいのです。


011.JPG


あなたはすでに、育毛のためにコラーゲンを飲んでいるかもしれません。


もし、すでに飲んでいるにしても、ぜひ、今回のブログ記事は丹念に読んでほしいのです。



その理由は・・・・・・・・。



その理由は、こうしたコラーゲンの薄毛対策効果を読んだ後で、コラーゲンを飲むと、なぜか髪の毛の生育が良くなるようなのです。

決してプラシーボ(偽薬効果)ではないと私は感じています。



では、さっそく、この「不思議コラーゲン」の薄毛治療効果に関して読んでいきましょう。


育毛効果に関する部分をみていきます。



まずは、48歳男性会社員の体験談です。



(引用ここから〜)

「一番まいったのは髪の毛です。白髪こそ出ませんが、毛が目に見えて細くなり、抜け毛もひどいのです。

ここ1年間でみるみる頭頂部が薄くなりました。

私は営業部長という仕事柄、客に接することもが多いのですが、髪の毛の話になると苦笑いをしながら、広くなった額をなで上げ、

「年ですからどうしようもないですよ」

と言ってあきらめきっていました。


(中略)


ある日、取引先の会社が開発したというコラーゲン飲料を半強制的に買わされたのです。


あまり期待してなかったのですが、いずれ効き目についてたずねられるだろうと思い、指示された量をまじめに飲み続けていました。


2週間ほどたってまず、疲れが溜らなくなっているのに気付きました。


「飲むコラーゲンのせいだよ。そういえば、髪の毛も増えたじゃない」

とコラーゲン会社の社長にいわれ、気がつくと、髪の毛が太くなってきた感じがして、なによりも、抜け毛がめっきり減ったことに気が付きました」(同著45ページから46ページ)


〜引用ここまで


48歳で髪の毛が急に細くなるというのは老化現象でしょうかね。


私は24〜25歳で薄毛化が進行したのですが、やはり「いつ薄毛が始まるか」というのは個人差が大きいようです。


20代で私は髪の毛にコンプレックスを感じて悩みましたが、この男性のように48歳で薄毛化するのも、やはり気になるのですね。


男にとって、ハゲ、薄毛化となるのは、


「人生最大のピンチ」


の一つかもしれませんよ。


私はそう感じたのです。


20代の日記には、薄毛化の恐怖を書きつづった部分がありますが、いまも、当時の苦しさを思い出すと、いいようのない不安感のおそろしさが思い出されます。


さいわい、私は漢方の育毛法で救われました。




そして、この本の48歳男性の場合も、無理やり購入させられたコラーゲンが、じつは、幸運の始まりだったのですね。


2週間で髪が太くなるのを感じられたことは、「希望の光」が見えることなのですから。


人生、どこに幸運があるか、なかなか、その時はわからないものです。


56歳になったいま、人生の妙味は、そういうところにあるのだと、感じています。



さて、この男性のように、私の場合も、コラーゲン育毛法が、非常に役立ったのです。


コラーゲン育毛法と、私の出会いも、「偶然」に近いものだったのです。


私は「安心」や「壮快」、などの健康雑誌を読むのが好きで、20代のころからよく買って読んでいたのです。


ですから、コラーゲンが美肌だけではなく、髪の毛を美しくし、ボリュームもアップさせることは知っていました。


なので、平成2年〜3年ころには、すでにコラーゲン育毛法を、ときどき実行していました。


健康食品店や自然食品店で、ときどきブタ皮のコラーゲン粉末を購入して食べていたのです。



ところが、それほど熱心にはブタ皮のコラーゲン摂取を継続してためなかったせいか、目に見えて髪の毛が生えたとか、髪の毛のボリュームアップができたということは、感じませんでした。


ところが・・・・・・。


ところが、平成19年〜20年ころ、近所のドラッグストアで買い物をしていると、30代後半と思われる鈴木京香に似た美人がドラッグストアの棚に置いてある「フラコラ500」というコラーゲン商品を大量に購入して、買い物カゴに入れていたので関心を持ったのです。



(by楽天)


「30代と思われる、この女性(ヒト)は、この「フラコラ500」というコラーゲンを飲んでいるから、こんなに肌も髪もキレイなのではないか?」


そう直感的に感じたのです。


その女性は「フラコラ500」を60本くらい購入していたのですが、2カ月分なのでしょう。


あるいは、あの美貌をキープするために1カ月で60本を飲みきっているのではないか?


などと勝手な想像をしたのです。


さて、私はそのときドラッグストアでは買いませんでしたが、自宅でインターネットで調べると、フラコラ500は、当時すでに話題沸騰の商品ということがわかりました。


「ブタの皮よりドリンクのコラーゲンのほうが育毛にはよさそうだ」

と30本買いました。


私の場合、10日くらいで髪の毛の勢いや、男でも美肌になることが実感・確認できました。


それ以後、フラコラ500を育毛のために飲みつつ、コラーゲンの育毛効果のありそうないろんなコラーゲンを試していました。


そして平成21年に、髪の毛にとっては最高に、「髪を太くする効果」を感じた、


回生堂の「カイセイ・ミレット・コラーゲン」


にネット上で出会ったのです。


飲む育毛剤カイセイ堂『ミレットシリーズ』



いい商品との出会いも、いろんなキッカケが関係しているのですね。


トップページに戻る
タグ:薄毛対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44000124

この記事へのトラックバック