2011年05月19日

コラーゲンに効果なし 2

コラーゲンに効果なしとする説は根強くあるのです。

薄毛対策に私はコラーゲンを飲んでいますので、聞き捨てならない気がして、このテーマに関心を持っています。

賛否両論ですが、1年前くらいからは、「コラーゲン効果あり」とする意見が優勢のように思えます。

今日購入した「20歳若返る力」という本では、若返るには、魚に含まれるコラーゲンを補給しましょうといっています。

004.JPG

また、ネットでコラーゲン情報を見ていたら、

「コラーゲンはブタのものが効くのか、魚のものが効くのか、どちらも効かないのか」

という話題について、何人もが討論を繰り返していました。

「コラーゲンはブタがよいか、魚がよいか、それとも両方よくないのかのスレ」


興味は尽きないですね。

ブタのコラーゲンが効いた

魚のコラーゲンが効いた

どちらのコラーゲンも摂取したら分解されるので、効果はない

という三つ巴の討論です。

気になるのは、

「コラーゲンに効果なし」という人は、実際にトップレベルのコラーゲン商品を飲んでみたのだろうか

ということ。

カイセイコラーゲンやフラコラといった品質のよいコラーゲンを試した上で、「効果なし」といっているのかということ。

私は、20代の半ばから、薄毛を治すために「育毛漢方」を学び、実践してきました。

その結果、わかったことは、

栄養と結果はなかなか明確には分析できないので、「試す」しかないし、試せば明確にわかる

ということです。

今、話題の飲む育毛コラーゲン。回生堂メンズミレット



髪の毛とは少し話が違いますが、漢方での重要な課題に、男性の「精力」があるのです。

男性の精力を高めるのに、いろんな食材があります。

有名なのは「すっぽん」、「ハブの血」などがあります。

果たして「すっぽん」を栄養成分的に分析して、スッポンを食べるとがなぜ精力が増すのかわかるのでしょうか?

アミノ酸が多いのはわかるかもしれないですが、それでは説明しきれない部分が多いのです。

また、ハブの血を成分的に分析しても、精力増強の理由はわからないのです。

アミノ酸とタウリンが多いということらしいのですが、それだけでは説明はつかないのです。

じつは、今日、昼食時に喫茶店で雑誌を読んでいたら、

ある男性作家の人が、

「以前に沖縄に旅行に行ったときに、ハブの血を飲んだのだが、一晩中あそこがギンギンになって、一人でベッドで眠れない夜をすごした」

というのです。

そんな体験談が載っていたのです。

Fotolia_46748422_XS.jpg

漢方の成り立ちは、多くの人が試してきて「効いた」ということの積み重ねなのです。

このあたりは韓国ドラマ「チャングム」などを見るとよくわかります。



それにしても、コラーゲンが美容に「効くのか、効かないのか」がこれほどネット上で話題になるのは、コラーゲンの効果実感をした人が多いからなのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45297318

この記事へのトラックバック