2011年06月05日

コラーゲンで細い髪の毛を太くする

細い髪の毛を太くする方法、そして健やかな髪の毛をを保つ方法としてコラーゲンを飲むとよいのです。

薄毛対策、育毛のポイントで大事なのが、体の内側からのアプローチです。

コラーゲンが美肌を保つのによいということは、よく聞く話だと思います。

「肌によいことは髪の毛にもよい」

という原則があります。



つまり、肌によいコラーゲンは髪の毛の健康にもよいのです。

タンパク質であるコラーゲンは、人間の体の中に含まれています。

数十%が、タンパク質の中のコラーゲンなのです。

コラーゲンは体の中の皮膚に半分近く含まれ、約2割が軟骨などにあります。




「コラーゲンが髪の毛によい」というのは、毛母細胞が活性化するのは、コラーゲンの働きを高めることで可能となります。

逃避も含め、皮膚の組織は3層でできています。

肌の表面は表皮で、その下が真皮となります。

美髪と美肌を保つ方法としては、真皮に働きかけなければなりません。

コラーゲンの約7割があるのが、真皮という部分なのです。




コラーゲンの働きが衰えると、水分を保持する力が落ちます。

肌の水分が、水分を保ちにくい状態になると頭皮も乾燥した肌になり、健康な髪の毛をキープすることが難しい状態になるのです。

加齢とともにコラーゲンを作る力が落ちてきます。

よく、コラーゲン商品の通販番組で放映しているように、コラーゲンは40代になると20代の半分にまで少なくなります。

これじゃあ、髪の毛も肌も、衰えてきますよね、補充しない場合は。




体には古いコラーゲンだけが残ることになりますが、柔軟性、保湿力、潤いなどが落ちてしまい肌の老化を招きます。

コラーゲンを摂取することが、美肌を保つ方法としてはとても大切なのです。

ですから、コラーゲンを体に補充、取り入れることが、細くなった髪の毛を回復させ、また、美肌を保つ方法となります。

コラーゲンが多い食品では、毛羽先、すっぽん、フカヒレなどです。





でも、スッポンなど、ひんぱんに食べることは困難。

ですから、細くなった髪の毛を太くするのはコラーゲンをサプリメントなどで補うことです。

細くなった髪の毛を2ヶ月で10%太くするのはコラーゲン・ドリンクが効果的です。

ブタの粉末のコラーゲンなどもありますが、私の経験では、コラーゲン・ドリンクが効果が大きいと感じます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45735857

この記事へのトラックバック