2013年07月20日

髪が太くなるのは、やはりコラーゲン効果だった

細い髪が太くなったという自分のコラーゲン摂取の経験から、このブログで、



「細い髪を太くするには、良質のコラーゲンを62日間飲むとよい」


ということを今日(平成23年10月10日)まで言い続けてきました。



それは、一つには


「薄毛に悩む人が、即効でコラーゲンで髪を太くし、心理的なショックから立ち直ってほしい」


という思いがあるからです。




薄毛、ハゲは髪が抜け落ちたというよりは、むしろ髪が細く、弱弱しくなった状態なので、髪の毛の太さが10%増えると、見た目のボリュームが全く違うからね。





そして、もう一つの理由としては、ネットで数多くの人に語られている「コラーゲン無効説」に対する疑問です。



すなはち、


コラーゲンを摂取しても効果はない。なぜなら、コラーゲンは摂取しても体内で分解されてしまうからだ」


という説に対してですよ。





実際に良質なコラーゲンを飲んでいる者としては、


「そんなはずはないよ。飲んでみればわかるよ」


という気持ちが強かったのです。




ですから、このブログを書きつつ、コラーゲンの髪の毛を太くする効果や、美容効果について調べていたのです。




ところが、先日、平成23年9月現在でのコラーゲン効果について詳しく、かつ、カンタンに、また読み物としても面白く書かれた書籍が発刊されたのですね。


それが、


「コラーゲン完全バイブル」

城西大学教授 真野 博 著

幻冬舎 2011年9月11日発行  1200円



なのです。


011.JPG


この本のことは、このブログでもこれから解説していこうと思いますが、一言で言うと、



「コラーゲンには髪の毛を太くする効果、髪にコシが出る効果がある」


ということなのです。


やっぱりな・・・・・。



コラーゲン無効説を主張してきた人は、この本を読んでどう思うのかなぁ・・・・・・?



ネット上で、


「コラーゲンドリンクなどを買う人はムダ金を使っているのですよ!。教えてあげましょうか?、コラーゲンは体内では分解されるので、髪の毛を太くしたり、肌をプルプルにする効果はないのですよ!! エッヘン!!」


と得意げに、鼻をふくらましつつ(←見たわけじゃないけど)、解説していたことは間違いだったのです。



こういう記事をみるたびに、


「じゃあ、カイセイコラーゲンとか、フラコラとか、あるいは明治のアミノコラーゲンなど、一流のコラーゲン商品を試しに飲んでみろよ、それから話をしてほしい」


とこのブログで書いてきたことは、過去の記事を見ていただくとわかるはず。


美容成分ぎっしり♪高純度コラーゲン38,000mg!

・回生堂製薬・コラーゲン専門店【カイセイコラーゲン】






とはいえ、コラーゲン無効説を唱えた人にも、「無理はない」部分があるのです。



5525885_0.jpg



2001年ころからのコラーゲン人気にもかかわらず、科学的には、コラーゲンにはわからない部分が多かったのですね。



「コラーゲンの育毛効果や美容効果が、科学的に詳しくわかってきたのは2009年ころからだ」

と、この本にも書いていました。



それまでは、


「コラーゲンは髪の毛を太くし、肌をぷるぷるにする」


というクチコミ、体験談は多くあるものの、科学的に公表できるレベルまでコラーゲン効果が解明できていなかったのです。



ネットでコラーゲン無効説を唱えている記事を読むと、やはり2009年以前の投稿記事が多いのですね。


やむを得ない部分もあったのです。




それを認めつつも、


体験せずに、


「コラーゲンは分解されるので効果はない」


と言っていた人には問題があるのです。



じっさいの自分の体験をもとに、


「自分はこれくらいの期間、こういうコラーゲン商品を飲んだけれども、こういう効果は見られなかった」


というように、自分の体験を記事にするのはいいのです。



美容健康は個人差がありますから。




ところが、体験せずに聞きかじりの意見で、


「コラーゲンの効果はない」


とネット上で情報を発信してきた人は、もしかしたら、


コラーゲンで即効で髪の毛を10%太くするチャンス


を誰かから奪ったかもしれないのです。


そのことで、コラーゲンを飲むのではなく、育毛剤を塗ることを選択した結果、育毛成果が出ずに「心を折られた」人がいるかもしれないのです。
posted by korakora at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪が太くなる理由2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48410453

この記事へのトラックバック