2012年03月11日

回生ミレットコラーゲンを積極活用なのだ

回生ミレットコラーゲンをどう活用するべきか。この記事を書きます。


回生堂のコラーゲンだけではなく、フラコラや明治アミノコラーゲンでも、同様なのです。


買わないほうが良い理由を説明します。




細い髪の毛を太くするには、コラーゲンが効果的です。


育毛漢方の育毛は、


@猪毛ブラシでウブ毛を生やし、


Aコラーゲンとスピルリナで、ウブ毛を太い丈夫な髪に育てる



というステップなのです。


そして、平成24年3月現在、


コラーゲンなら回生堂のカイセイコラーゲン「ミレット」


スピルリナなら、スピルリナ普及会のスピルリナ



というのが、私の愛用している製品となります。



カイセイコラーゲン・ミレットは、髪専用のコラーゲンです。



髪の毛の成育によい「ミレット」が配合されており、髪の毛のためにはベストコラーゲンとなります。


が、しかし。


ハゲ、薄毛に悩む人なら、みんなカイセイコラーゲン「ミレット」がよいというわけではないのです。



コラーゲンは細い髪の毛を62日間で10%太くする効果があります。



でも、一方で、これは知っておくべきですが、コラーゲンには、



細い髪を短期間で太くする効果があるけれども、髪の毛を生やす効果はない


ということなのです。



ですから、


「髪の毛を、生やしたい」


という人は、コラーゲンだけでは不適なのです。


具体的にいうと、


太い髪の毛で、本数の少ない人


の場合には、コラーゲンとともに育毛漢方のノウハウを採用しましょう。




漢方育毛法なら、髪の毛のない人が髪の毛を生やすケースにも対応できますので、ぜひ、実行してください。



結論を言うと、


◎ 髪の毛を生やす目的の人は、カイセイコラーゲン「ミレット」だけではなく、育毛漢方療法を取り入れる。


◎ 細い髪の毛を、短期間で太くコシのある髪にして、ボリュームアップすることが目的の人は、カイセイコラーゲン「ミレット」がよい



ということなのです。


効くから続く!継続率93%回生堂メンズミレット



IMGP0023.JPG
(写真はメンズミレットとスピルリナとイノシシ毛ブラシ)
 
posted by korakora at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コラーゲンのとりかた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54391475

この記事へのトラックバック