2013年07月12日

コラーゲンの太髪効果をサポートする成分たち

コラーゲンで髪を太くするためには吸収をよくしたいですね。



一緒に摂取したらよいといわれている栄養素をいくつか紹介します。



まずは、ビタミンCです。



ビタミンCは、コラーゲンの吸収をよくするためでなく、体内における合成を促す働きがあるので、積極的に摂りいれるようにしましょう。




コラーゲンとビタミンCの関係は非常に有名なので、「真実」と思っていいでしょう。





私は、ビタミンCは、商品についてこだわりはないですが、DHCのビタミンCがコンビニで販売されているので、自宅の在庫が少なくなったら、すぐ買っています。





びたみんCは、風邪の予防など、健康に良い効果が得られるほか、シミやくすみを防ぎ、透明感のある美肌つくりの助けにもなるすぐれものです。





ミカンやイチゴなどのフルーツや、





小松菜やホウレンソウなどの野菜に多く含まれます。





ビタミンB群も、肌の新陳代謝を促進する効果があるので、コラーゲンと一緒に摂ることで、より太髪効果と、美肌効果が期待できます。





ビタミンB群は、ウナギや納豆、青魚などに多く含まれます。





アンチエイジング作用のあるビタミンEや、コエンザイムQ10も、コラーゲンと親和性のある有効な栄養素です。





ビタミンEはアーモンド、コエンザイムQ10は青魚などに多く含まれます。





これら紹介した食品は、良質なタンパク質を含むものも多く、それ自身がコラーゲンの原料になります。


コラーゲンはとればとるほどよいというものではないのですが、今の日本の社会ではコラーゲンの取りすぎるような状態にはなかなかならないのが現実。




常時、不足気味のはず。





コラーゲンドリンクの価格は、含有するコラーゲン量に比例すると思っていいでしょう。



細い髪を太い髪にするために、そして美肌のためには、



規則正しい食事を摂ることを第一に考えつつも、



食事では足りない分が発生するので、ドリンクで補う、というようにしたら、結果としてドリンクの効果を最大限に生かせますね。



購入はこちら




追伸でーす。


さて、ここまで読んでいただいたあなたのために、幸運予告をしましょう。



それは、いまのあなたの「髪の悩みが将来の幸福につながる」ということ。




というのは、


今日話したように、育毛のためにはコラーゲンやビタミンCや、ビタミンEなどを摂取すべきです。



「こんなにも、いろいろとできないぜよ!!」


と、坂本竜馬のように土佐弁で言いたくなるかもね。



お金もかかりますしね。



ところが、



育毛にためにコラーゲンやスピルリナやビタミンEやプラセンタなどなど。



こういう栄養素を摂取していたらどうなるのか?



髪の毛はもちろん太く丈夫になって、肌もハリがでて、唇はつやつや、という状況になってくるのです。


すなはち、肌や髪が健康だということは、きっと内臓も同様の元気良さ。




30代以降、アンチエイジングや健康がとくに気になる時期に、同年代よりもはるかに元気でいられるわけですよ。



これは、育毛に対して努力した副産物だといえるのです。
posted by korakora at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪が太くなる理由2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70846388

この記事へのトラックバック