2015年05月23日

コラーゲンで速攻で育毛する

コラーゲン育毛で速攻で髪を太くして「見栄え」をよくしましょう。

テレビCMでは女性用のカツラ宣伝を良く見かけます。

たしかにウイッグを付けて、髪の毛のボリュームをアップさせると、「見栄え」は驚くほど変化します。

コラーゲン育毛は、髪の毛の本数を増やすことは難しいのですが、髪の毛を太くしてボリュームをアップさせます。

コラーゲンは、皮膚や血管、臓器や軟骨など、人体を組成する大切な材料です。

また、シミやタルミ、シワの抑制と回復効果が見込まれ、美髪、美肌とアンチエイジングに欠かせない材料でもあります。

髪の毛も含めて、人体を組成する組織は、日々新陳代謝して、次々に死んでは新しく生まれ変わります。

そのため、一日に2000mgものコラーゲンが失われていくといわれています。

コラーゲンの材料となる必須アミノ酸は、体内では生成されないので、外から摂取し、健康な髪の毛を入維持したいものです。

また、加齢とともにコラーゲンを合成する能力は失われていくので、髪の毛などのアンチエイジングのためにも、毎日意識して良質なタンパク質を取り入れることが大切です。

フカヒレや豚足、牛すじなど、コラーゲンを多く含む食品は多く存在しますが、毎日2000g以上食事で摂取するのは大変です。

そこで、薄毛を克服するには、毎日ドリンクとして摂取することをおすすめします。

ドリンクに含まれる水溶性のコラーゲンは、体に吸収されやすいように低分子につくられています。

さらに、ビタミンCなど、一緒に摂取すると効果的な美肌成分も含まれているので、ますます効率よく吸収できるというメリットもあります。

たくさんの会社からいろいろな種類のドリンクが販売されています。

カイセイミレットコラーゲンのように髪の毛によい商品もあるので、そういう商品がベストです。

毎日飲むことを考えて、コラーゲン含有量、その他の栄養素の含有量、カロリー、価格、味などを総合的に考えて購入しましょう。

会員割引やお試し価格などを利用して、できるだけお得な価格で購入することも薄毛対策には大切です。

ミレットコラーゲンで髪生える


3447134_0.jpg


2014年08月26日

誰が言ったのか「コラーゲンで髪の毛が62日で10%太くなる」と。

誰が言ったのか?

「コラーゲンを62日飲むと髪が10%太くなる」と。



コラーゲン育毛が人気が高いのは、62日間というごく短期で、成果が目に見えるから。

だれだって、「2年待ってくれ、そうすれば髪が生えているかも・・・」などということには耐えられない。

人間は、何らかの進歩、成果が見えないとやる気がなくなるんですね。

04.jpg

なかなか2年、3年も待てない。

「いや、1年でも待てない」

と言う人もいるはず。



いろいろな成果を出す方法が育毛漢方療法にはあります。

その中で、「即効性」が高いコラーゲン育毛を一番にすすめたいのは、

短期間で成果を感じられると、育毛モチベーションが継続できるからです。

コラーゲンで髪が太くなる即効性の調査結果は有名です。

すなはち、

「62日間、コラーゲンを飲んだら、髪が10%太くなった」

というこの話。


話の出所は一体どこなのか?

医学博士の西田博先生の著書に答えが出ていました。

要約すると、

報告者
アメリカのニュージャージー州にあるトーマス・J・リプトン社 食品栄養研究部

被験者
21歳から58歳の人々 52名

実験内容
1日14グラムのコラーゲンを62日間服用させる

実験結果
被験者の頭髪の直径が約10%太くなった。

特徴
頭髪の細い人ほど太くなる率が高い


以上、コラーゲン育毛の「髪が62日で10%太くなる」の話の出どころでした。

トーマス・J・リプトン社を調べましたが、日本でも紅茶で有名な、あの「リプトン」なんですね。

2013年02月05日

コラーゲンで髪の毛を太くしなやかに育てる

コラーゲンは髪の毛にとても良いと言われています。
細い髪の毛を太く丈夫に育てます。



コラーゲンは美容に良いと言われているのは有名ですよね。しかし、コラーゲンは実は髪の毛にもとても良いのです。



コラーゲンは、髪の毛の栄養になります。



飲む育毛剤カイセイ堂『ミレットシリーズ』




コラーゲン不足の体では、毛根が不健康になり、薄毛や抜け毛の原因になってしまうのです。
きちんとコラーゲンを摂る事で、薄毛対策になるのです。



実際に、コラーゲンを摂った事で薄毛が解消されたと方がたくさんいます。
やはり育毛剤等の外からのケアも大切ですが、体の中からのケアも大切なのです。



コラーゲンは普段の食生活からでも気軽に摂る事の出来る栄養素です。



例えば、鶏肉や手羽先等をお鍋にして煮込めば簡単なコラーゲン鍋の出来上がりです。
気軽に食べる事も出来ますし、コラーゲンもたっぷり入っています。



他にもコラーゲンが豊富な食べ物と言えば、すっぽんや豚足等です。
高価な食べ物も有りますが、安くて美味しい素材にも以外とコラーゲンは豊富に含まれている物なのです。



勿論、コラーゲンはサプリメントでも有ります。
女性は美髪効果や美肌効果を期待してコラーゲンのサプリメントを飲んだりしますよね。


コラーゲンサプリメントはドラッグストア等に沢山おいています。
毎日サプリメントを摂る事で、継続的にコラーゲンを摂取する事が出来、薄毛に効果が出てくるのです。



コラーゲンは薄毛の他に、白髪にも良いと言われています。
髪の毛全般に効果的なコラーゲンなので薄毛が気になる人は飲んでみては如何でしょうか。


とくに髪の毛に対しては、62日間飲むことで「髪が10%太くなる」といいうことがいわれています。


髪の毛が10%太くなることの価値は大きいのです。



62日たってからも飲み続けると、約15%程度まで太くなりました。


飲む育毛剤カイセイ堂『ミレットシリーズ』




それ以上は、髪の毛の太さを維持することが主眼となります。
タグ:髪の毛太く

2011年06月05日

コラーゲンで細い髪の毛を太くする

細い髪の毛を太くする方法、そして健やかな髪の毛をを保つ方法としてコラーゲンを飲むとよいのです。

薄毛対策、育毛のポイントで大事なのが、体の内側からのアプローチです。

コラーゲンが美肌を保つのによいということは、よく聞く話だと思います。

「肌によいことは髪の毛にもよい」

という原則があります。



つまり、肌によいコラーゲンは髪の毛の健康にもよいのです。

タンパク質であるコラーゲンは、人間の体の中に含まれています。

数十%が、タンパク質の中のコラーゲンなのです。

コラーゲンは体の中の皮膚に半分近く含まれ、約2割が軟骨などにあります。




「コラーゲンが髪の毛によい」というのは、毛母細胞が活性化するのは、コラーゲンの働きを高めることで可能となります。

逃避も含め、皮膚の組織は3層でできています。

肌の表面は表皮で、その下が真皮となります。

美髪と美肌を保つ方法としては、真皮に働きかけなければなりません。

コラーゲンの約7割があるのが、真皮という部分なのです。




コラーゲンの働きが衰えると、水分を保持する力が落ちます。

肌の水分が、水分を保ちにくい状態になると頭皮も乾燥した肌になり、健康な髪の毛をキープすることが難しい状態になるのです。

加齢とともにコラーゲンを作る力が落ちてきます。

よく、コラーゲン商品の通販番組で放映しているように、コラーゲンは40代になると20代の半分にまで少なくなります。

これじゃあ、髪の毛も肌も、衰えてきますよね、補充しない場合は。




体には古いコラーゲンだけが残ることになりますが、柔軟性、保湿力、潤いなどが落ちてしまい肌の老化を招きます。

コラーゲンを摂取することが、美肌を保つ方法としてはとても大切なのです。

ですから、コラーゲンを体に補充、取り入れることが、細くなった髪の毛を回復させ、また、美肌を保つ方法となります。

コラーゲンが多い食品では、毛羽先、すっぽん、フカヒレなどです。





でも、スッポンなど、ひんぱんに食べることは困難。

ですから、細くなった髪の毛を太くするのはコラーゲンをサプリメントなどで補うことです。

細くなった髪の毛を2ヶ月で10%太くするのはコラーゲン・ドリンクが効果的です。

ブタの粉末のコラーゲンなどもありますが、私の経験では、コラーゲン・ドリンクが効果が大きいと感じます。