2015年10月08日

薄毛を治したいなら「まず、髪の毛太く」を心がける

薄毛、ハゲを解消するためにまず考えるべきは

「髪の毛を太くする」

ことです。

「生やす」のは難易度が高いです。

多くの人が髪の毛を生やそうとして、うまくいかず心を折られています。

だから、難易度の低い「細い髪の毛を太くする」ことで、髪の毛をボリュームアップさせることが先決なのですよ。

髪の毛を「生やす」というよりも「太くすると多く見える」ことを目指すのです。


薄毛の悩みは男性も女性もある。


女性でも、社会進出とともにハゲ、薄毛の傾向が飛躍的に高まっています。

男性に負けず劣らず、仕事社会ではストレスに悩まされるものです。

当然ですが、ストレスは髪の毛や、肌には非常に良くないのです。

私も、当初はストレスがハゲのスイッチだったと感じますね。

さて、薄毛女性のためには女性用の薄毛予防シャンプーや部分カツラなども発売され、普及してきました。

女性の薄毛・抜け毛の原因にはいくつかあるのですが、

ブラッシングやシャンプーのし過ぎ、カラーリングやパーマなどで髪を傷める、ストレスや血行不良などがあります。

女性の薄毛の原因となるものは他にもありますが、出産も大きな原因のひとつといえます。


女性の場合には育毛剤で、ある程度復活するケースが多いのですが、男性の遺伝的なハゲにおいては、漢方育毛療法で、体質改善を行います。

女性は妊娠すると赤ちゃんを育てる元になる血液(胎盤)を作るため、カルシウムや栄養が不足しがちになってしまいますから注意しましょう。

髪にも栄養分やカルシウムが必要なので、不足してしまうと薄毛につながってしまうのです。

女性は妊娠すると赤ちゃんのことだけに集中してしまい、髪のことをあまり考えなくなってしまいます。


子供が成長し自分の時間がもてるようになったときに、やっと自分の薄毛に気づき、カツラを使ったり育毛剤を使ったりするケースが多い。

女性というものは年齢に関係なくいつまでも若くいたい、綺麗でいたいと強い望みを持っています。

男性にキレイと言ってもらいたいものなのです。

女性の薄毛、抜け毛が目立ってしまうと、実年齢よりも老けて見える。

美しさを失うのはもったいないので、薄毛の初期症状からのヘアケアが重要なのです。

髪は表面からだけ綺麗にするものではなく、コラーゲンやカルシウムなどを十分にとり、体の中から綺麗に強くしてあげなくてはなりません。

髪は毎日生え変わるといわれています。

そのために抜け毛を気にしすぎる必要汎愛ですd。

ただし、あまりにも抜け毛が多く薄毛が気になりだしたという方はクリニック等で相談を受けてみることも良いでしょう。

また、育毛サプリメントのブラックサプリは男性も女性も、髪の毛を太くするのに役立つのです。

右矢印1 ブラックサプリで髪の毛太く


hakui.png


posted by korakora at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪の毛を太くする食材

2014年04月11日

細い髪を太くする食材

髪の毛を増やす、太くする食材

髪を増やし、太く、丈夫にするノウハウについては食事が非常に大きなウエイトを占めます。

髪を増やしたければ、この方法だけは知りることです。


まず、「抜け毛を防ぐ食材パワー」としてカボチャの種が抜け毛に効く。

カボチャの種をスナック代わりに食べるとよい。

木の実はたいてい育毛によい。

アーモンド、くるみも非常によい。

スーパーやコンビニでこれらは見かけます。

コンビニなどで、何かお菓子を選ぶとき、ポテトチップスやチョコレートを選ぶのか、それとも木の実類を選ぶのかで、髪の毛の生育はおおきく変わります。

カボチャの種に入っているミネラルは抜け毛に効くのです。

抜け毛の原因の一つである亜鉛がカボチャの種に含まれています。

他にも、ビタミンEはよい。

ビタミンEは、もう有名で、育毛に関する書籍には必ず記載されているものの一つです。

ここで、私が思うのは、ビタミンEが育毛に効果があると知っているのに、特にビタミンEを摂取していないのではないか?ということです。

サプリメントとしても安価であり、ぜひ毎日とりたい。

育毛に関する情報を私のように大量に収集していると、ある種の傾向というものが判明する。

育毛情報でも、いまや、「自分だけ知っている」というようなものは、ないですね。

ネットや、書籍で大量に発毛情報を集めれば、いい方法はわかってくる。

大切なのは、そこからだと思う。

育毛に良いものが判明したら、なんとしても生活の中に取り入れることです。

習慣化されると、髪はよみがえり、増えてくるのです。

育毛法で評価の定まったものを、実行すれば髪は生えるのです。

青魚(いわし、さば等)や落花生も効果は大きい。

やせて細くなった髪を、太く、増やすことが食べ物で可能となるのです。

食事ノメニューを決めるとき、髪の毛によいものを積み重ねで育毛は成功となります。

食事を補完するものとして、良質のコラーゲンを飲むことが髪の毛を太くするには重要です。




posted by korakora at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪の毛を太くする食材

2011年11月05日

細い髪の毛を太くする食材

細い髪の毛を太く育てるには、体の外からではなく、体の中からです。


具体的には、


「育毛剤を頭に振りかけるよりも、コラーゲンを飲もう」


ということになります。


「薄毛の食卓」という本が出版されました。


薄毛の食卓
岡嶋研二 著(名古屋市立大学 教授)
マガジンハウス
2011年9月8日 初版発行
1300円

001.JPG

この本では、薄毛に効く食材を紹介しています。


とくに「育毛の基本食は唐辛子と大豆」として、この二つが、抜け毛を少なくして育毛効果が高いとしています。


有名な話ですよね、大豆とトウガラシのセットが薄毛対策に良いことは。


少なくとも10年前には、すでに有名な話になっていました。



具体的には、


納豆とキムチを同時に食べる


あるいは、


豆腐にトウガラシを振りかけて食べる

ということになります。



私も、この10年くらいは、この育毛法を意識して取り入れてきました。



毎日ではないですが、週に3回は食べています。



大きな育毛成果を感じたわけではないですが、無駄ではないとも思うので、これからも継続していきます。


さて。この本では他にも、


玄米

味噌

ニンニク




根菜類

などなど、10種類程度の食材を紹介していますが、なかでも、


「ナマコでコラーゲンを増やす」

という項目では、3ページを使って


「ナマコのコラーゲン」の育毛効果を解説しています。


ナマコにはコラーゲンが含まれており髪に良いだけではなく、強壮作用もあるというのです。



強壮作用、すなはち「心と体の活性化」ですから、薄毛原因となるストレスも解消され、髪の毛を太くするにはよいはずですね。


この本の中で、著者が、

「和食のコースのなかでナマコが出てきたら、これからは残さずによく噛んで食べましょう。後で述べるように、唾液にも育毛作用があるので、ダブルの育毛効果が期待できます」(同著 79ページ)

と言っているように、ナマコにはコラーゲンがあり、薄毛に良い食材です。



食べる機会があれば、十分に味わって食べるべきです。


ただ、実際には、なかなかナマコを毎日の食事では食べられないので、良質なコラーゲン飲料によって、髪の毛を太くすることがベストの方法となります。


美容成分ぎっしり♪高純度コラーゲン38,000mg!

・回生堂製薬・コラーゲン専門店【カイセイコラーゲン】





一方、大豆とトウガラシについてはサプリメントなどではなく、ひんぱんに毎日の食事の中に取り入れる努力をしたら良いのです。


豆腐とトウガラシ


または


納豆とキムチ


これらは、食事として取り入れたいのです。
posted by korakora at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪の毛を太くする食材