2013年06月09日

育毛のためには紫外線でコラーゲンを劣化させるな

髪の薄い悩みを解決したいなら紫外線対策を忘れないこと。

せっかく高価なコラーゲンを飲んでも、紫外線が体内のコラーゲンを劣化させてしまうのは、もったいないよね。

発毛・薄毛対策薄毛対策では、紫外線対策が重要なのです。

頭皮は「皮膚」ですから。頭皮や髪の毛も、紫外線によって老化するからです。

秋に抜け毛や薄毛が急増するのは、夏の紫外線が大きく影響するといわれています。

で、紫外線対策が薄毛対策にもなるわけですよ。日差しは日に日に暖かくなってきました。

けれども、その中には怖い紫外線が潜んでいます。

しなやかで若々しい髪の毛を維持するには、紫外線対策は必須。

今日は4月14日ですが、4月時点で、紫外線は量は8月の6割に当たります。

かなり強いですよ。紫外線は頭皮に悪い影響があります。

肌老化の6割以上が紫外線の影響があるのです。

皮膚の真皮まで届いた紫外線は、体の中のコラーゲンを劣化させます。

こうなると頭皮も硬くなって、血行が悪くなります。

紫外線にはビタミンDを作り出す効果があります。

ですから、私が小学生の頃(昭和40年代)には、休み時間は校庭で日を浴びないと、クル病になるなどと言われたものです。

けれども、平成26年現在では、クル病にならないように紫外線を浴びるのは、よくないことといえます。

頭皮や肌にとっては、よくないのです。

posted by korakora at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫外線