2011年08月16日

コラーゲンは細い髪を太くする成分

コラーゲンは髪にいい栄養素なので細い髪の毛を太く丈夫にする。


コラーゲンはタンパク質の一種で、多細胞動物の細胞外マトリクスを構成している主成分です。



このコラーゲンという成分は、近年「肌」や「髪」に非常に良いといわれ、健康補助食品や化粧品などにも用いられています。


コラーゲンの美容と健康に関するパワーの大きさは、書籍でも取り上げられて、います。


002.JPG

写真の右は、メンズミレットで、男性の遺伝的な薄毛によいと思います。
写真の左は、ミレットアフファで、ストレスによる薄毛を太く丈夫にするにはには最適でしょう。


髪や皮膚を含める人体のタンパク質の中で3割も占めるコラーゲンは、その柔軟性や弾力性に貢献しており、張りや艶を出します。

その為、美肌効果や髪の健康を考え、コラーゲンを多量に含む食材や化粧品などを購入する方が多いのも納得できますね。

とくに、薄毛は髪の毛が抜けて細くなったというよりは、やせ細って、ボリュームがなくなったといえるのです。


だから、コラーゲンを62日間飲んで、髪の毛を10%太くすると、見違えるように薄毛とはサヨナラできるのです。

分け目に自信!カイセイ堂飲む育毛剤『ミレットシリーズ』



コラーゲンは食材からの吸収率が低いのも事実。


低分子に加工して吸収しやすいように改良されているカイセイ堂さんのミレットコラーゲンなどの商品を利用することが太髪効果が多く見込めるのです。

「最近、髪のコシが無くなってボリュームも出なくなってしまった…」

と思いの方は試して見る事をおススメします。

2010年09月06日

コラーゲンで、なぜ、細い髪が太くなるか

コラーゲンで細かった髪が太く丈夫になると、

見た目のボリュームがずいぶんと違ってきます。

髪の毛の本数は、コラーゲンでは増えませんでしたが、太くなる効果は約2カ月で、十分に、実感できまし
た。

heakea05.jpg


昭和56年に、私を突如おそった「ハゲ遺伝子」の活発化。

そのハゲ遺伝子を抑えることができたのは漢方の力でした。

育毛剤は、ほとんど効果なく、もし、漢方育毛法に出会わなかったら、あぶないところでした。

漢方の育毛法のポイントは明快です。

それは食事療法の「事例」なのです。

こうした症状には、こうした漢方薬や食材が、治療に有効だと言う事例なのです。

薄毛にはコラーゲンが効きますが、その「理屈」はあまり考えませんでした。

「コラーゲンを62日間摂取したら髪が10%太くなった」

という信頼のおける研究成果を、私はそのまま実行しただけなのです。

なぜ、スッポンを食べると元気が出るのか?

ノコギリヤシを摂取すると中高年者でも、夜中にトイレに行かなくてもよくなるのは、なぜか?

うつ気分のときにセントジョーンズワートというハーブを摂取すると、気分が晴れやかになるのは、なぜか。

頭痛のひどい時に、チョウトウ末を摂取すると、なぜ、痛みがなくなるのか?

それらのことは、理屈は、べつにどうでもよいのです。

私が「実感できた」ということが大事なのです。

人体は体内に摂取したものにたいして、なんらかの「反応」をするということは、薄毛対策において、重要な考え方です。

髪の毛を太く育てるには、ミレットコラーゲンが非常に良かったのです。

髪のハリやコシに【回生堂ミレット】


また、フラコラEXという大人気のコラーゲンもよいです。

はじめてフラコラを飲んだ翌日、顔のツヤが違っていたので、ビックリしました。

コンビニやスーパーで売っているコラーゲンドリンクには、残念ながら、効果を感じたものはほとんどないです。

トップページに戻る

heakea15.jpg